スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹かご教室

ツイッターなどでもお知らせしていますが、竹かご教室を行っています。

こちらは3回連続講座。今回は定員いっぱいのお申し込みがあり、人と竹で会場がきゅうきゅうに!
CIMG2368.jpg


竹かご作りの工程は大きく分けて3つ。
①竹ひご作り
②かご編み
③ふちどり

どれも一度ではなかなか覚えられないものですが、今回の講座では一通り挑戦していただきます。


まずは竹ひご作り。
CIMG2393.jpg
今回はメダケ(このあたりでは篠竹と呼ばれます)という細くしなやかな竹を使用。
一年もののメダケが最適なんだとか。一年ものは縞模様が美しいですね。
この他に、ハチクなどがひご作りには適しているとのこと。
どちらの種類も、虫が竹に入らない冬に刈り取り、加工するのが良いそうです。

CIMG2385.jpg
先生のお手本
鉈で竹を割っていくのですが、これがなかなか難しい。
まずまっすぐ割れないんですね。鉈を扱う手、竹を握る手、左右両の手で微調整しながら割っていきます。
ある程度の太さに割れたら、皮側の部分を更に剥ぐように割ります。
厚さは1~2mmほど。ひごを編むことで手が切り傷だらけになるほどの細さ。
これができるようになるまでは相当の練習せねばなりません。


CIMG2395.jpg
ひごが出来たら底から編んでいきます。ここもまた難しい。
また、前述にもあるとおり、手袋をかけないと手が切り傷だらけになるので注意です。


CIMG2397.jpg
今まで平らに編んでいたものを立ち上げます。少しずつ曲げながら編んでいきます。
ここもまた難所の一つ。底部分の編みを理解していないと、立ち上げ時に混乱するんですよ。


立ち上げ、好みの高さまで編んだら、端の処理をしてふちをつけます。
CIMG2406.jpg

CIMG2407.jpg
手前が立ち上げ途中のもの。
次が縁取り直前までいったもの。
次が縁取りし固定したもの。
一番奥が完成品です。
ふちどり用の竹は、ハチクやマダケを2cmほどの幅に割ったものを使用しています。
なかなかしっかりしているんですよ。これを針金などで固定していきます。

しかし竹かご作りというのは、玄人の技あってこその代物ですね。
材料を作るにもひと手間、ひとつひとつの作業では技術が必要になっています。

これから竹かご作りを始めたい!という方は、竹ひご作りから入るか、
もしくはかご編みをマスターするか(この場合は市販のPPテープなどを使って勉強するのが良いでしょう。竹は冬にしかとれませんし。)ですね。
独学でいっぺんに覚えるのはなかなか難しいかと思います。

こういったものを見、作ると先人達の知恵と技術を感じますね。
スポンサーサイト

スリッパ代わりに使っています!ぞうり!

ここ数年、テレビ番組なんかで取りあげられることが多いのでご存知の方も多いはず!

布ぞうり!

このぞうり教室をつきだて花工房敷地内、里山工房で行いました!
以前ご紹介したうどん打ち講座」と同様、3回連続シリーズで教えていきます。ただ、うどん打ち講座は月1のペースでしたが布ぞうり教室は週1ペース。11月26日、12月3日、12月10日と行いました。


nuno5.jpg nuno1
(右が先生の菅野幸一さん、左が参加者の方)
私も何回かやらせてもらったことがあるのですが、最初の部分がうろ覚え。最近はやっとそれっぽくできるようにはなったんですけど…
ただ、そこさえクリアすれば次はほとんど繰り返しの作業。
指で一定の幅をとりながら編んでいきます。たまにサイズを型紙で確認します。

先生の作業を見ていると見事な手さばき。初心者としてはこの指で幅をとりながら編むというのがなかなか難しかったりするんですよね。どうしてもだんだんと幅が狭く…ああ…子ども用サイズになってしまうー!
ここは何個も作って手で覚えていくしかないのかもしれません。
途中で鼻緒を入れてまた編んでいきます。
nuno2.jpg

最後の仕上げにシューっと土台となっている紐をひっぱって、鼻緒を固定して完成。



最終日は竹皮でのぞうり作り。独特の風合いがあっていいですよね。
nuno4.jpg

この竹皮は先生が5~6月のうちにとってきて、保存しておいたものです。
編む直前に水を霧吹きなどでもどして、編んでいきます。
nuno3.jpg
完成!(この後もう片足も完成させました。)


ちなみにサイズは子どもサイズです。左右同じ大きさにするのがまた大変でしてね…
布ぞうりは家の中でスリッパ代わりに使う肩が多いようです。布が汗やフローリングなどのゴミをとってくれるというのも好評のよう。
竹皮ぞうりは外履きのサンダル代わりに良さそうですね。

つきだて交流館もりもりの方では、今回の菅野幸一さんが教える布ぞうり体験もあるようです。
ちょっと挑戦してみませんか?

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

sidetitleプロフィールsidetitle

月舘GT

Author:月舘GT
つきだてグリーン・ツーリズムです。福島県伊達市月舘町を中心に活動しております。主にイベントや月舘の情報、四季などを紹介していきます。 たまに月舘町外へのお出かけも。
tsukidateism1をフォローしましょう

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。