スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年、明けましておめでとうございます

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は辰年。“立つ”年でもあります。昨年は災いの多い年でしたが、今年はそれを乗り越え立ち上がる年になってほしいものです。

辰年ということで、辰に関するいい昔話はないものか…
とも思ったのですが、なかなか見つからず。
空想上の生き物として、あまり馴染みのない干支なのかもしれません。

来年の干支、蛇だったらたくさん昔話があるのですが。

昔蛇は、恐れられながらも、害獣であるねずみを駆逐してくれる生き物としてあがめられてきたため、お話が多く残っています。
大蛇の話、蛇が化けた話、蛇にたたられた話。
今回はそんな蛇のお話をひとつご紹介させてもらいます。



蛇なめ石のこと

 むかしむかし、布川村のある大邸宅に庭園をつくることになり、数十人の人足を駆使して、さまざま大小の石を邸内に運んでいた。

 その中の一つ、これは小手姫さま御前堂近くの川原から運んでいった大石であるが、邸内の門にさしかかったところ、どうしたものかそれより後にも先にもビタとも動かなくなってしまった。
 数人の頭株の者が集り相談をしたが、なんの名案も浮んでこない。

 思案に余っていると、一人の真白いひげの老人がやってきた。
 老人は、石を眺めたりすかしたりして見ていたが、
「どうもこの石は蛇に関係がありそうだ。大蛇がなめた形跡がみられる。大蛇は女の髪の毛を好むから、髪の毛の網をかければ動くかも知れん。」
と教えて何処ともなく立去っていった。

 やがて寄せ集められた女の髪の毛で一本の太い網がよられた。
「それ引いてみろ。」
と掛け声もろとも、今までビタともしなかった大石がグラリと一回転し、後はスルスルと邸内になんの苦もなく運び込まれたという。
 それからこの石のことを「蛇なめ石」と呼ぶようになった。


CIMG0223.jpg 御前堂こと布川の小手姫神社

上の写真のように、お話の中には、実在する場所も登場します。
残念ながら、蛇なめ石については現存しているか分かりませんが、石を持ってきたという川はいまも流れています。



似たお話をどこかで聞いた気がしたのですが、失念してしまい、検索をかけてもなかなか該当するお話が出てこなかったのでその辺りは追々調べておきたいところです。
西日本ですと、女性の髪の毛が蛇になるといった昔話もありますね。


蛇に関する伝承や民話は羅列するとキリがありません。
それほど身近なものでもあるということでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

月舘GT

Author:月舘GT
つきだてグリーン・ツーリズムです。福島県伊達市月舘町を中心に活動しております。主にイベントや月舘の情報、四季などを紹介していきます。 たまに月舘町外へのお出かけも。
tsukidateism1をフォローしましょう

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。