スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米こぼしの昔話

先日ご紹介しました、お正月の準備や当日のお話。

昔は大晦日からお正月にかけてを「年取り」とも言い、みんなでこの日に1才、年をとります、という日でした。いわば誕生日ですね。
誕生日だから、普段食べられないものを、お正月だけいただくわけです。
米の食べ始めであったり、餅をついたり、魚や肉などをたんまり食べてお酒も飲みましょう…と。

にしても、現代人が全てこの通りにお正月を過ごすと、確実に体重が増えてしまうであろうスケジュールです。
神様にも量は違えど同じ様な食事を供えているので、もしかしたら神様も…


さて、今回紹介する昔話は私たちの主食「米」にまつわる話にしてみましょうか。


「米こぼし」

女神山の裏木戸から登ると、不動滝の上の方、俗に「米こぼし」というところがある。

昔そこにこもった一族が、米をこぼして水のごとくみせ、敵をあざむいた。
寄せ手の者が里の洗濯女に城の中に水源があるかと訊ねると、
「あれは米で、水ではないのです」
と洗濯女は教えてしまった。
水の無いことがばれてしまったために、一族は敵に滅ぼされてしまった。

米こぼしと言われるその辺りでは、最近まで米粒がでてくることがあったという。






この昔話を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
もしかしたら、あなたの知っているお話は「洗濯女が教えた」ところが、
「おばあさんが教えた」、「鳥が米をついばんでいるところを見らればれてしまった」と、ちょっと一部が変わっているかもしれません。

この「米をこぼして川のように見せ、敵をあざむく」という話は、
青森県、宮城県、石川県、埼玉県、高知県、京都府、鹿児島県
全国のいたるところに散らばっています。
日本の民俗学の第一人者・柳田國男もこのお話を調査していて、「白米城伝説の実例」「再び白米城の伝説に就きて」という論文も発表しています。

なぜ各地に同じお話あるのか?
柳田國男の論文によるところでは、あるき神子、あるき巫女という、全国を歩きながら祈祷やまじないをして暮らす人々の口伝によるものではないか、といいます。

また、早稲田大学オープンカレッジ秋期講座 「朝鮮からみた日本海域の神話伝承」
こちらの論文では、
“日本の白米城伝説は、山城の築城行為と関係のある百済系渡来人によって伝えられた朝鮮の洗馬台伝説が原型であり、近世の地方の軍記物に記録されている例が非常に多いところを見ると、後世、語り物などによって全国に伝播していったと考えられる。”
といった説もあります。


「どこかで聞いた事のある昔話」、例えば瓜子姫、猿蟹合戦、桃太郎など有名な昔話は、分布を調べてみるとなかなか面白ものです。
分布だけでなく、話によって登場する動物が違かったり、ストーリーの流れや、場合によってはオチが全く別物になっていたり。

物語のルーツを辿れば辿るほど、語り部たちの顔が見えるようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

月舘GT

Author:月舘GT
つきだてグリーン・ツーリズムです。福島県伊達市月舘町を中心に活動しております。主にイベントや月舘の情報、四季などを紹介していきます。 たまに月舘町外へのお出かけも。
tsukidateism1をフォローしましょう

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。